奥多摩のくらしを伝えるWEBメディア

2019年04月10日

「奥多摩って寒そう」ってよく言われるんですが、めっちゃ寒いです

こんにちは、カズヤです。

寒の戻り(かんのもどり)ってあるじゃないですか。暖かくなった春のさなかに突如として冬のような寒さが戻ってくるやつ。

今日がまさにそんな日なんですけど……、

 

家の庭

ちょっと戻り過ぎじゃありませんかね? なんでこんなに雪積もってるんですかね。いま4月なんですけどね。

 

庭から見た景色

景色が雪国すぎて「俺いま青森に住んでるんだっけ?」と錯覚しました。青森行ったことないからよくわかんないけど。

 

それもそのはず、今日の奥多摩の日中の最高気温は1℃ですってよ。

 

同じ時間帯の新宿とは5℃くらい差があります。これくらいの気温がある都心部ではさすがに雪にはなっていませんね。

春ならではの雪景色を撮ってみた

真冬であればこんな日には一歩たりとも家を出たくないのですが、木々に緑が戻り始めたこの季節であれば、雪と緑が織りなすインスタ映え抜群の写真が撮れるのではと思い、奥多摩随一の景勝地である鳩ノ巣渓谷に向かいました。

向かいましたと言っても玄関を出て3分歩けば着くのですが、渓谷を一望する橋の上から撮った写真がこちらです。

 

ばえーーーー!!!!

なにこれめっちゃ映えてるー! 純白の雪、深緑の枝葉、翡翠色の清流! そのコントラストが上手いことアレな感じになってるー!!

さすが奥多摩、すごいぞ奥多摩! と言いたいところですが、ぶっちゃけ写真の彩度とか結構いじってるんで、

 

無修正だとこれくらいです。これでもまずまずの景色だとは思いますがね。

奥多摩は寒い

改めて言葉でお伝えするまでもありませんが、奥多摩は寒いです。僕の住んでいる鳩ノ巣というエリアで都心よりマイナス3〜5℃といったところでしょうか。

ひとくちに奥多摩といっても町域は広大で、標高900mくらいの山奥にある集落だってあります(鳩ノ巣は300m強)。そこまでいくと寒さも降雪量もいっそう厳しいものになるでしょう。

そのぶん夏は都心に比べればいくらかは涼しいですが、それでも35℃とか余裕でいきますからね。

何はともあれ、この記事で伝えたいのは奥多摩めっちゃ寒いよってことでした。

西田和哉

奥多摩暮らし2年目

奥多摩にゲストハウスを作るべく2016年から奥多摩に通い始め、2017年に移住。しかしゲストハウスは未だにできておらず。暇さえあれば旅行してます。

この記事もおすすめ!