暮らしの日記

2019年04月18日

奥多摩暮らしの必須アイテムとは

おおおおおおおオクタマニアです!

今日は奥多摩くらしに絶ッッッッ対欠かせないものを紹介します。

 

 

 

そんなものはありません!!

 

 

 

車?必要ありません、電車もバスも走ってるんで、そりゃあったほうが便利ですけど、それはどこも同じですよね。

インターネット?PC?必要ありません、奥多摩町では光回線が網羅的に敷かれていて、ドコモは山の中だって電波が入ります、便利です。しかし奥多摩の山の山の山の中で暮らしているお爺さんお婆さんは、それらを使わずとも生活しています。

定職やお金さえ必要ないかもしれません。山菜を刈り、沢水を飲み、薪で煮炊きし生活しているお爺さんがいます、どうしてもお金が必要な時は近所の野良仕事を手伝って生計を立てています。

「奥多摩で暮らすために必須なもの」などありません!

「あったほうが良いもの」はいっぱい有ります。車、PC、長靴、雨具、冷暖房器具、熊スプレー、チェーンソー、巨大冷凍庫、その他いろいろ……。でも無くったって生活は出来るんです。必要なのはマインドなのです!!

何故奥多摩に住むのか、これに尽きます。その柱さえしっかり立っていれば住めてしまうんです。「奥多摩に暮らさない理由」なんていくつでも出せます。

しかし!都心部ではできないけど奥多摩だからできることがあるんです。

5Kの家が都心部で年1000円で借りれるなら教えてください、僕住みますから。奥多摩ならあるんですよ!

火を囲んでマシュマロ焼こうなんて、思い立っても都心で出来ますか?奥多摩ならできます。

毎朝、窓を開け清流を眺め、美味しい空気をいっぱい吸い込んで、木の間から野生動物が顔を覗かせるなんてありますか?奥多摩ならあります。

子沢山大歓迎、各人が部屋を持てる家はいっぱいあります。地域も賑わいます。ペット可当たり前、大型犬だっていいし、鶏だっていいし、ヤギだっていいよ。

冬は寒いけど春の喜びを一層感じることが出来ます。四季の変化がないコンクリートジャングルで春を感じてますか?

夏は川に行ってカヌーでもカヤックでも釣りでもやったらいいじゃないですか。

冬は狩猟をするもよし、創作に充てるのも良し、暖炉の前で本を読んだり情報のインプットに充てたらいいじゃないですか。奥多摩ってなんだってできるんですよ。

不便ですよ?でも変えられないことを嘆くより、出来ることが増える方が幸福度高くないですか? 様々な支援が充実してますし、あなたを急かす人や縛る人もいません。

なぜ奥多摩で暮らしたいか、これを考えてみませんか?

オクタマニア

奥多摩暮らし2年目

オクタマニアっす。 奥多摩町地域おこし協力隊として奥多摩町に移住してきました。 奥多摩で楽しい生活を満喫しています。

この記事もおすすめ