奥多摩の暮らし

2019年04月26日

行きはよいよい帰りは……やっぱり良い!!

奥多摩湖畔暮らしの島崎です。

前回の投稿では、奥多摩町小河内から車で通勤する素晴らしさをお伝えしました。通勤が素晴らしいのはわかったかな?

しかし、一日中仕事で頑張ったあとの帰り道はどうなんだって話ですが、これがまたサイコーなんです!!

理由はやっぱり帰宅風景

百聞は一見にしかず!!ぜひご覧ください〜。

特に山々に囲まれた奥多摩ではなかなか見られない夕焼けを中心にお届けします。毎日帰るから出会える確率が上がるのです!

小河内ダムの放流と夕焼け

夕焼けと小河内ダムの放流のセット。レア×レアです!!

 

奥多摩湖・夕暮れ時

奥多摩湖で一番、空も湖面もが広い場所。飛行機雲もいい感じでしょ?

 

麦山の浮橋と夕焼け

浮橋を渡るカップルがいます。運がいい方々ですねぇ、こんなデートしたら思い出に残ること間違いなし。

 

留浦湖畔の夕焼け・水鏡

珍しい夕焼けと水鏡のコラボです!暗くて見えづらいですが留浦の浮橋もあります。

 

旧小河内小学校・マジックアワー

帰宅途中からは少しはずれますが、この旧小河内小学校には、僕が所属するまちおこし団体Ogouchi Banban Company(OBC)の拠点があるので、時々帰りに立ち寄ることもあるのです。

木造校舎が紫色の空に包まれる……。まるでこの場所だけ異空間のように感じました。

 

麦山橋からみた奥多摩湖・暗くなる寸前

帰りが遅くなってしまった時だって色々あります。なんだかアートみたいじゃない?

 

奥多摩湖に浮かぶ満月

携帯カメラじゃうまく撮れなかったです〜。これは生で見るしかない!!

 

大麦代駐車場の公衆電話

小河内で生まれ育った人には有名かも。ずっーと昔からここに佇む公衆電話

深夜にここから電話をかけるとあの世に繋がるとか、誰もいないはずなのに電話が鳴り続けるとか、ここで霊が電話をかけているとか、怖い噂があったようななかったような……。

もちろんここから電話をかけたことないけど、人がいるのも見たことがない。深夜に電話かけてる人がいたらびびっちゃうかも。笑

さあ、ここまで、色々な帰宅風景をお見せしてきましたが、レアな奥多摩の一瞬を見ることが出来るのはやはりそこに暮らして毎日通っているからなんですよね。怖い公衆電話はいつでも見られますが。笑

夕方・夜の奥多摩もいいもんでしょ?

それでは最後に一番驚いた帰宅風景を〜!

 

深山橋・夕焼け

とてつもなく鮮やかな赤と紫に包まれています。これは思わず声を出して驚きましたね。

また、通勤や帰宅で何か見つけたら記事にしてみますね〜!

島崎勘

奥多摩暮らし37年目

東京最西端の食堂「島勝」の倅。奥多摩の保育園で働きながらまちおこしもやる地域振興型保育士……こう聞くと、とてつもなく意識高そうだけど、実はそうでもなく、のほほんと奥多摩湖畔で暮らしています。

この記事もおすすめ