奥多摩の暮らし

2019年07月16日

奥多摩移住を検討中の人は、まず青梅市に住んでみるのもアリかも

初めまして。おくたま暮らし編集部のメンバーで唯一奥多摩町民ではないメグコです。千葉県出身で、4年前に奥多摩の隣の青梅市に移住し、現在は奥多摩町内のカフェクアラで働いています。

暮らし編集部には結成時から参加していたものの、町民ではないという理由から隠れメンバーでおりましたが、この記事をもってその状態から脱することになりました。

さて、このサイトをご覧いただいている皆さんの中には奥多摩への移住に興味がある人もいらっしゃるかと思います。私も同じです。

とはいえまだ真剣に考えているわけではなく、いつか奥多摩で暮らすことに興味はあれど家はまだ本気で探していないし、都市部(といっても青梅)での便利な暮らしを手放すのが怖いという気持ちもあります。

皆さんはどうでしょうか? もし奥多摩での暮らしに興味があり、けれども同時に不安も感じているとしたら、それはどのようなことに対してでしょう。

編集部でもよく話題になる虫とのお付き合い問題? はたまた車がないと決して便利とは言えない地理状況? 他にも現在のお仕事の関係や家族の同意など、簡単に変えられない状況もありますよね。人それぞれいろんな理由があると思います。

そういった生活環境に対する不安があるのだとしたら、いきなり奥多摩に引越すのではなく、まずは奥多摩の様子がわかりやすい青梅市に住んでみてもいいかもしれません。

青梅市のなかでも青梅駅周辺がおすすめ

ひとくちに青梅市といっても市域は広大で、エリアによって特性も様々。だから青梅ならどこでもいいわけではなく、青梅駅から御岳駅のあいだの市内西部がおすすめです。

東部(=東京寄り)の河辺駅周辺にはイオンや西友があるので、都会暮らしが長く車を持たない人でも住みやすいと思うのですが、あくまでも今回は奥多摩移住への第一歩の話。河辺に住んでも意味がありません。

それを踏まえた上で私が推しているのが青梅駅周辺。なぜおすすめなのか、いくつか理由を挙げてみましょう。

景色や気候が奥多摩に近い

青梅駅近くの橋から見た奥多摩方面の風景

青梅駅の裏手には永山丘陵といわれるハイキングコースがあり、山を伝って道を進んでいくと、高水三山など登山者が行き交う山々に繋がります。多摩川を挟んだ向かい側にも長淵山ハイキングコースがあり、日の出山や御岳山に繋がっています。

山と山に挟まれた奥多摩の景色は、すでに青梅駅あたりから始まっているのです。

気温もそれなりに低く、去年の冬には水道管が凍りました。奥多摩暮らしで起きることが青梅でもたまに起きるので、予行演習になります。

駅前にスーパーがない

のどか〜な雰囲気の青梅駅前

奥多摩には皆さんがスーパーと聞いて想像するような立派なお店はありません。同じように青梅駅周辺にもスーパーはなく、代わりにコンビニや個人商店の八百屋さんや肉屋さんがあります。

買い物が不便で、それをどうやって克服するのかがこれから奥多摩に住む人の課題のひとつですが、それに慣れるための訓練の場として青梅駅周辺は最適なロケーションです。

都心まで座って通勤できる

青梅駅は青梅線〜中央線直通列車の始発駅なので、通勤ラッシュの時間帯でも必ずと言っていいほど座れます。そのまま新宿駅や東京駅まで乗り換えずに行けるので、中途半端に東寄りに住むよりもかえって通勤が楽になります。

都心に勤めているけどいつか奥多摩で暮らしたいと思っている人にとっては、今の仕事を続けたまま奥多摩の近くに住めるベストポジションなのです。

少しずつ奥多摩との繋がりを作っていこう

アイドルがライブ会場の青海と間違えて訪れてしまう青梅駅

奥多摩暮らしへの一歩目を踏み出す場所として青梅駅周辺をおすすめさせていただきました。なお不動産屋のいない奥多摩では家探しに苦労しますが、青梅市では不動産屋を介して家を借りるということが当たり前にできるのでご安心ください。

かくいう私ですが、青梅駅の近くに住むことから始め、その後2回の引越しを経て、現在は青梅市の西側、奥多摩町まで5キロメートルという所まで近づいてきました。あとほんのひと越え……!

皆さんも、もし青梅に住むことになったらジャンジャン奥多摩に行っちゃいましょう。

奥多摩駅前の飲み屋に通えば地元の人たちとの交流も生まれるし、週に1日でも時間が許すならアルバイトをして人間関係を築くのもおすすめ! 人付き合いが生まれるとたちまち「もう奥多摩住んじゃおっかな」ってなる可能性大です!

ということで、カフェクアラではアルバイトを絶賛募集中です!!

メグコ

奥多摩暮らし検討中

奥多摩駅近くのCafe Kualaで店長をしています。レンタサイクル店も掛け持ちし、奥多摩で活動する方々とは日々多く関わり毎日楽しく過ごしています……が、訳アリで未だに奥多摩には住んでいません(笑)。

この記事もおすすめ